アルバイトにもあるんです!労働者の権利いろいろ

アルバイトで就業する方法

ひとつの職が終われば、次の職場を見つけることかと思います。
探し方にもいろいろありますが、雑誌や国際協力キャリア総合情報サイトを使うことは、従来からの方法であり、今では、インターネットも利用されています。
現代では、より効率的な求人方法があり、多くの人が生活のために利用しているようです。
探しからも多様化しているなら、働き方もその通りかもしれません。
おそらくバブル崩壊前後で、それが大きく変わったように思います。
以前であれば、就職や転職と言えば、正社員採用が当然でした。
終身雇用と年功序列により、安定した生活が得られる、と思われていました。
高度経済成長を促したとも言える雇用形態であり、太平洋戦争後の経済繁栄の原因の一つともなっています。
しかし、バブル崩壊後には、高度経済成長期のような考え方が通じなくなったようです。
正社員採用が当然ではなくなり、正規雇用に対し、非正規雇用が増加しました。
今では、全労働者人口の30パーセント程度が、非正規雇用となっているようです。
非正規雇用の一つとして、アルバイトが知られています。
アルバイトは、臨時雇用とも言えるもので、基本的にフルタイムでは働きません。
臨時ということは、一時採用でもあり、制限を伴った働き方です。
けれども、アルバイトは、企業側から見れば、正社員と同じように自社の従業員で、非正規雇用のカテゴリーに入れられている派遣社員とは、その点で大きく異なります。
言い換えれば、アルバイトは、自社臨時社員であり、外注の派遣社員とは、根本的に違っているということです。
しかし、アルバイトと言えば、学生時代の働き方であり、家庭の主婦が就業する仕事であれば、パートとも呼ばれています。
さらには、仕事に対し、基本的に無責任で、適切な働き方とは考えられていないような固定観念があるようです。
もし中年以降で、アルバイトで生計を立てていると言えば、あまり良いイメージでは語られないようです。
そうは言っても、責任感を持ちながら、多くの人がアルバイトで就業しています。
しかも、アルバイトと言っても、諸々の事情で、それでしか働けない人がいることも、確かでしょう。
このサイトでは、こんなアルバイトについて、より理解を深めるように、説明しています。
基本的なこともまとめていますが、ご興味のある人のお役に立てれば、うれしい限りです。
記事を共有・ブックマークする
お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2014アルバイトにもあるんです!労働者の権利いろいろ.All rights reserved.